歯を失ったらどうする?

このサイトは歯を損傷した場合や、歯を失った場合に、どのような選択肢があるかを紹介したサイトです。
完全に歯を失った場合の選択肢は…下記のうちのどれかでしょう。


  • インプラント
  • 入れ歯
  • ブリッジ
  • なにもせずに我慢する

インプラントが一番自然な噛み心地と言われておりますが、歯を失った患者さんの全員がインプラント治療を選択できるわけではありません。
その理由は様々です(金銭面、年齢、骨量不足、病気、生活習慣など)。
当たり前ですが、患者さんの状況によって様々な治療の選択肢があります。
このサイトではそんなお悩みがある患者さん方の状況に合わせた、補綴物(歯の欠損を補完する物)の情報をご提供していきます。

インプラントはメリット・デメリットが存在します!!

インプラントのメリットを一言でいえば、「自分の歯のように噛める」です。
逆にデメリットを言えば、完璧では無いので「メンテナンスが大事」という事です。

患者さんの中には「インプラントは一生持つ」「虫歯にならないのでメンテナンスがいらない」と、夢のような治療と思っている患者さんが多いようです。
実際は人が作ったものなので、そんな事はありません。

例えば、痛みとの関係性についてお話すると、天然歯は神経で繫がっているため痛覚という優秀な安全装置が正常に働きますが、インプラントの場合は神経と直接つながっておらず、インプラントと顎の骨の接触面での刺激による痛覚のみとなり、結果、思ったよりも強く噛んでしまい上部構造(外から見える歯の部分)が壊れ易かったりします。
※一噛みで壊れる訳ではなく、ジワジワとダメージが蓄積されるイメージです。

また、インプラント体や上部構造にプラーク(歯垢)が付着するとインプラント周囲炎になりやすく、せっかく入れたインプラントが外れる原因にもなります。
※インプラント周囲炎とはインプラントを入れた後にそこが歯周病になる事です。

なので、通常の歯と同じかそれ以上に通院し、メンテナンスを受け健康な状態を維持することが重要です。
最近ではインプラント治療に10年保証などを設けている歯科医院さんも多いですが、保証条件として「定期的にメンテナンスに来ている」という事が必須になっています。

メンテナンスで健康な状態を保っていないと、周囲炎の他に下記の様な事が起こります。


  • 常時出血する 
  • 上部構造の破折(ハイブリッドやレジンで作ると破折しやすくなることがある)
  • 頻繁なネジ緩み
  • インプラント体自体の脱落、病気、痴呆で口腔ケアを行えなくなる
  • インプラントから入れ歯に変更する時も、顎の骨も手術している場合、骨が平らな為、入れ歯が取れやすくなる

産まれ持って来た歯を大事にする!

「助けられる生まれ持った天然の歯はなんとか助ける。
歯を失いどうしようも無くなった場合に、いくつかの選択肢を提示して選んでいただく」
というのが当社の考え方です。

抜かなくてもいい歯なのか?
これが最も分かり難いところで判断の分かれるところになります。
そういった際にはセカンドオピニオンでかかりつけ以外の先生の話を聞くと安心できるかもしれません。

また、当社ではインプラントは「残っている自分の歯を大事にしていく為の治療」と捉えています。

なので、インプラント埋入手術を行う前に、残っている自前の歯の歯周治療を行ってから手術を行う事が大事だと思いますし、ブリッジにする為に両隣の歯を削るより、インプラントを1本だけ埋入して、周囲の歯を残す方が良いと思います。
ただし、メンテナンスで定期的に通院していかないと、それはかないません。

なぜなら、天然の歯は少しずつ移動します。逆にインプラントは動きません。
隣の歯との隙間や歯の高さが変わった場合には、位置を修正していくことが必要ですが、これが費用の面からも難しいのが現実です。
「メンテナンスが大事!」これを知った上でインプラント治療を受けて下さい。

~インプラントを選べない・選ばない患者さんに~

入れ歯の場合もメンテナンスは大事ですが、インプラントよりは管理が難しくありません。


当社製品(入れ歯)

  • アルティメットデンチャー(床がピンクで主に臼歯部に向く)
  • アルティメットクリアデンチャー(床が透明で主に前歯に向く)
  • アルティメットデンチャークリアーアーム(床がピンクでアームが透明全てに対応できるプレミアムデンチャー)
  • ペリオスプリントデンチャー(動き出した歯を止める動揺固定装置)特許入れ歯

~歯を削った場合~

金属を使わない技工物(差し歯)をお勧めします。

  • e.max 天然歯に最も近く色も硬さも理想的(ブリッジはできない)
  • オールジルコニアクラウン 強度が高くブリッジも大丈夫(硬すぎて反対側の自分の歯を痛める事もある)

欧米ではメタルフリーにする傾向が強く、それにより金属アレルギーの確立を減らそうとしています。
※金属アレルギーの症状:前身または一部にかゆみや発疹、水泡などのかぶれが起こります。

  • 熱湯でも変形しない義?歯とは?
  • アルティメット義歯で透明で目立ちにくい
  • 歯が抜けるのを守る世界初の方法
  • 自然の歯と変わらない歯
  • 天然歯と同じように咬耗してくれるセラミックス

動画公開中!

  • スリーシェイプデザイン
  • DWX-50 切削加工
ブログ
患者様へ
当サイトの技工物ご利用方法
歯科医院様へ
無料申し込みフォーム
お薦めの歯科医院のご紹介

本当は1本も歯を失ってはいけません

歯は人類の進化の過程で現在の歯の形態、並び、本数になっています。

歯は年を取ると失くすものと考えられがちですが、本当は1本も歯を失ってはいけません。
天然歯は一本一本が隣り合ってスクラムを組んで支え合っているのです。

なぜ一番後ろの歯を人を失い易いか? 両隣の支えがない為です。
一番後ろの歯を失ったり、動揺が始まると、臼歯部の咬合崩壊が発生します。
7番(一番後ろの歯)は、歯列の中で最も大きい咬合力を受ける歯です。
実際に、左右の7番が失われると、咬合力の半分が失われることが、すでに横田先生の研究結果で明らかにされています。
さらに、6番(後ろから2番目の歯)は全体の咬合力の3割を担っていますから、6番と7番を失うと、咬合力の8割が失われることになるのです。
7番が失われ各歯への咬合力の負担が増すと歯周組織は弱り、歯周病はさらに進行します。

ここで7番を失ったまま放置すれば6番が7番問題を引き起こすのです。
その結果、咬合力の負荷が高い歯からどんどん抜け落ち、歯列崩壊が始まります。
つまり、歯列崩壊は、「7番のわずかな動揺を見逃すこと」から始まるのです。
この現象を、横田先生は「7番問題」と名付けられました。(これを防ぐものがPSD)

噛み合わせは人間の背骨の傾きにも大きく影響し、歪んだ咬み合わせでは、真っ直ぐに泳ぐことや、歩く事も難しくなる可能性があります。
また、歯を大事にすれば内臓に負担をかけず、噛める・噛むことにより脳に刺激がいきやすくなります。

歯を失い、そこに隙間が生まれれば空気が漏れて口が開口になり、鼻呼吸を行いにくくなり脳の酸素濃度が下がります。
つまり、歯を大切にしないと、脳の活動を妨げ老化を促進して、脳を老化させる可能性があるのです。
認知症を進行させないためにも噛む習慣を意識して続けましょう。

歯を失ったまま放置するのは、審美の面でも表れます。口の周りのシワが増え、年齢より老けて見えます。
歯は命の入り口であり、健康の入り口でもあります。
高齢化がすすむ日本ですが、今ご本人が持っている歯、残っている歯を1本でも大事にして一生自分の歯で噛むことをお勧めします。
そして歯を失い足りないところを、今ある最善の治療で回復してより健康な笑顔を絶やさない人生をお過ごし下さい。

  • セミナー情報
  • 求人情報
  • 制作について

Kdentalはノンクラスプ、e.maxに特化し、ジルコニア、オールオンフォー、オールオンファイブ、ペリオデンチャーを多数行なう総合ラボ

上に戻る